運動不足は万病のモト

世界の年間の死亡の1割に近くに運動不足が関係していることを示すデータが、米ハーバード大学などのグループにより発表されました。身体活動の不足は冠動脈性心疾患、2型糖尿病、乳がん、大腸がんなどのリスクを高め、平均余命の短縮に関係しています。身体活動不足の解消によって世界人口の平均余命は0.68年延長すると推定されています。
エレベータより階段を使うなど、少しだけ今までよりも体を使うようにするといいかもしれませんね。

2012.11.20 11:32

TOP