日本皮膚科学会では、皮膚の老化は紫外線によるダメージが原因だという啓発活動を行っています。

******長期にわたる紫外線曝露による皮膚の老化(光老化)は、すべての人にとって審美的な問題である。米国・ブラウン大学のKaveri Korgavkar氏らは、日光角化症の治療に用いられるフルオロウラシルクリーム5%(5-FUクリーム)の光老化に対する効果を、写真数値化スケール(photonumeric scale)を用いて検討したが、光老化の改善は認められなかった。******

上記は、JAMA Dermatology誌オンライン版2017年9月6日号での報告です。世界的にも老化に対するケアが薬などでできないか研究がされていますが、現在のところ効果的な薬などはないようです。
光老化に対する効果的な対策としては、遮光(日焼け止めを使用して日に当たりすぎない)とビタミンAの経皮補給(エンビロンなどによるスキンケア)です。

→詳しくはこちら
2017.09.29 10:25

TOP