えいご皮フ科

ほくろ(色素性母斑)

ほくろは医学的には色素性母斑と呼び、ほくろ細胞(母斑細胞)という細胞の集団のことを言います。生まれてくるときに本来なるべき細胞になれなかった、迷子の細胞ともいわれてます。 
ほくろの種類は非常にたくさんあり、色調ひとつにしても黒や茶色以外に赤っぽいものから青いものまであり、身近なようですが非常に奥が深いのです。またほ くろに見えるものでもほくろと間違えやすいものがたくさんあります。気になる方は早いうちに診せてください。 年齢にかかわらずほくろは増えることがあり ます。以前から気付かずにあった色のないほくろが刺激をうけて色を持つようになったために新しくできたと思うこともあります。
しかし、年齢を重ねるにつれて増えるものの多くはほくろではなくて脂漏性角化症といわれるものが多いです。

TOP