えいご皮フ科

かぶれ(接触皮膚炎)

どんな病気?

かぶれには刺激によるものとアレルギーによるもの、2種類あります。
刺激によるかぶれは原因となる物質と接触したあと、比較的早い時期に症状が接触した部位のみにみられます。痒みはあまり強くないことが多いようです。はじめて接触した物質で起こります。
アレルギーのかぶれは痒みがひどく、原因となる物質と接触した部位を越えて症状がひろがります。小さな水ぶくれを生ずることもあります。はじめて接触した物質ではおこりません。
頻度としては刺激によるかぶれの方が多いようですが、症状はアレルギー性の方でひどい場合が多いので病院に来られる方はアレルギー性にのかぶれの方が多いです。ひどい場合にはやけどのような状態になったり、治ってからも白く色が抜けたり、逆に黒く残ったりする場合があります。

原因
かぶれの原因になる物質は様々です。
  • 物質が接触しただけではかぶれをおこさないが、その部位に紫外線を浴びるとかぶれを起こすもの
    サンスクリーン製剤(日焼け止め)・薬剤(痛み止め)など
  • 汗や唾液にふれると微量ながら溶け出して、かぶれの原因となるもの
    ニッケルやクロムなど
  • 他にも
    抗菌肌着、抗菌制服、抗菌白衣、抗菌靴下などの抗菌加工に用いられる抗菌剤
    化粧品成分 ベルガモット油、タール色素、香料、防腐剤、油剤など
  • 食品では
    ニンニク、シソ、ごまなどの香辛料、卵、魚肉類やキュウリ、トマト、ナス、ポテト、レタス、チコリなどの野菜、メロン、マンゴウ、キウイ、バナナ、栗などの果物
治療
アレルギー性のかぶれの場合はパッチテストという検査方法があります。
原因がわかれば対策がとりやすくなり、治療もステロイドの塗り薬などで治すことが可能です。

院長のメッセージ

はっきりと原因がわかるかぶれはは、非常に治療しやすい病気です。
繰り返すことを避けられるので強い治療(ステロイド)でも心配要りません。
一方で、原因がわからないと非常に治しにくい病気となります。
繰り返し悪化するすっきりと治らない湿疹の中には相当数のかぶれが潜んでいると思われます。本人が自覚できないと原因を取り除けないので、パッチテストなどで原因を探すことは非常に有効な手段であると考えられます。

TOP