えいご皮フ科

イメージ画像

2月休診のお知らせ

2月27日(水)・28日(木)
スタッフ研修のため休診させて頂きます

えいご皮フ科の特徴

えいご皮フ科が奈良市で開院させていただいたのは2003年のことです。その後、山田理事長の同門で志を同じくする医師達との縁により、京都院、大阪院、三重こもの院(リニューアル)と分院を展開しております。えいご皮フ科では、各院との合同研修や勉強会を行うことで切磋琢磨し、既存の治療にとどまることなく様々な可能性を共に考えて皮膚科治療のブレイクスルーを目指しております。

皮膚科学に基づいた正しいスキンケアで皮膚を健康にし、人生をよりHappyにする!

適切なスキンケアにこだわった治療を行うこと、広くスキンケアの大切さを啓蒙していくことが皮膚科医としての我々の使命だと考えています。
乳幼児やお子さんの頃から、正しいスキンケアを知ってもらうことは、将来の皮膚トラブルの予防ともなります。ニキビ治療も、今できているニキビの治療だけでなく、ニキビができにくい肌へと改善するために、洗顔指導などきめ細かなスキンケア指導に力をいれています。

美容皮膚科医療の特徴

えいご皮フ科では、病気に対する保険診療だけでなく、肌を今以上に健康にして将来にわたって美肌を維持してもらうための美容皮膚科、医療脱毛を行っています(奈良院・京都院)。健康な美しい肌を提供することは、同時に皮膚の病気も予防できると信じ、5年、10年先を見据えた美容施術の提案と、いつまでもきれいでいてもらうためのアドバイスを行っております。

THIS WEEK'S MESSAGE

インフルエンザ流行

2019.01.16
11日、厚生労働省より発表されたインフルエンザ流行の最新調査結果によると、昨年12月31日~今年1月6日までの一週間で、推計およそ58万6000人の患者が医療機関で受診し、去年の秋口からの累計受診患者数はおよそ165万人に達しています。
家庭での予防策として、トイレ後・食事の前・外出後の手洗いと水分補給が大切だと言われています。水分はのどや鼻の粘膜に付着したウイルス・菌を体内から排出させる役割があります。こまめな水分補給を心がけてウイルスの侵入を防ぎましょう。
  • 奈良院 医院写真

    奈良院

    0742-20-8500

    〒630-8122
    奈良市三条本町1-2JR奈良駅NKビル3階
    駐車場のご案内

    INFORMATION

  • 京都院 医院写真

    京都院

    075-257-4112

    〒604-0942
    京都市中京区御池大東町596

    INFORMATION

  • 大阪院 医院写真

    大阪院

    06-6195-8733

    〒533-0023
    大阪府大阪市東淀川区東淡路4丁目33番5号
    イーストP-1 2階

    INFORMATION

  • こもの皮膚科クリニック 医院写真

    こもの皮膚科クリニック

    059-391-0363

    〒510-1253
    三重郡菰野町潤田1187-4

    INFORMATION

TOP