えいご皮フ科

とびひ

どんな病気?

正式名称を伝染性膿痂疹と言います。あせも、怪我、虫刺され、アトピー性皮膚炎などで、傷ついた状態の皮膚に細菌が感染することで起こります。水ぶくれのような状態になり、それがどんどん、とび火するように広がっていきます。肌の弱い小さな子供でよく見られます。治療は抗生剤を飲むことと、悪化する原因となった皮膚症状を治すための塗り薬必要となります。

TOP