春こそ紫外線対策を!

ポカポカと心地よい気候となり、外出の機会も増えているのではないでしょうか。暖かくなると気になるのが紫外線です。
表にある「UVインデックス」とは、紫外線の強さを示す世界共通の指標で、3以上になると、「できるだけ長袖シャツや日焼け止め、帽子を利用しましょう」というレベル。4月は「4.9」、5月は「6.4」もあります。デリケートな春の肌をトラブルから守るためにもUV対策をしておきましょう。

肌老化の原因の80%は紫外線ダメージ

美容面での影響も大きく、皮膚の老化の原因の80%は紫外線による「光老化」です。UV-B波は、皮膚表面に炎症や日焼けを起こし、A波は皮膚の奥深く真皮にまで届いて、肌のハリや弾力を支えるコラーゲンなどをつくり出す細胞を傷つけます。一見、ダメージが少ないように見えても、深いシワやたるみの原因となるのであなどれません。

紫外線ダメージを防ぐには、日焼け止めをこまめに塗ることと、ダメージを抑えてくれる抗酸化成分や健康な肌に必須のビタミンAを肌に補給しておくことをおすすめします。

2016.04.01 17:01

TOP