えいご皮フ科

爪水虫(爪白癬)

爪水虫
皮膚に感染した水虫を放置していると爪にも水虫が拡大します。皮膚の水虫はぬり薬で治りますが、爪にまで広がると飲み薬でないと治りません。特に糖尿病や 免疫が低下している方は思わぬ重症になってしまうこともありますので、早めに治療する必要があります。

爪水虫のパルス治療の特徴
爪水虫は飲み薬でないと治せません。また爪は一度、変色や変形するとその部分はもとには戻らないので、完治するには新しく生えかわるまでの時間が必要にな ります。目安は6ヶ月から1年ほどです。つまりその間は継続して飲み薬を続ける必要があります。飲み薬は副作用の可能性もあるので定期的な血液検査も必要 になります。
最近、外国では標準的な治療であるパルス治療が認可されました。
簡単に特徴を述べると、3週間飲み薬を飲むことで1年間効果が持続します。
定期的な通院は内服中だけで内服終了後は3ヶ月に1回ほど様子を診せて頂ければ結構です。継続して長期的に内服を続ける必要はいりません。内服中は血液検 査をする必要がありますが、内服が終了すれば検査も不要になります。治療効果も毎日飲むものと大きな差はないです。お困りの方はぜひご相談下さい。

爪水虫の方に朗報です。

爪白癬(水虫)はなかなか治らないとされていますし、実際に難治です。
少し前までは飲み薬による治療しかありませんでした。今でも有効な治療方法は飲み薬によるものですが、飲み合わせやごくまれではありますが副作用で肝機能が悪化する可能性もあることからハードルが高い治療となっていました。
しかし最近になって、爪水虫に効果的な塗り薬が処方できるようになりました。
われわれ医師も当初はどこまで効果があるのか疑わしいと思っていましたが、実際に使用してみるとかなりの効果を実感しています。これまで飲みあわや副作用を気にして治療ができなかった方でも安心して治療を受けることができるようになりました。
日本人の4人に1人が水虫で、10人に1人は進行して爪水虫にまでなっているといわれています。国民病ともいえる水虫ですが、いまや塗り薬で治療ができる時代なので早期の治療をお勧めいたします。

TOP